ポケカを買う時代から仲間を作る時代へ

先日のTweetが思いの外反響があったので、もう一歩踏み込んだ考察と提案をしてみます。

ポケカ引退の理由は?

先日Tweetした内容は「ポケカ引退」について。

Tweetにある通り理由は様々でしょうが、ブームに乗ってポケカを始めた人は楽しみ方がわからなくなった人もいるのではないでしょうか?

ぼくがポケカを始めたのは9月から。

その頃はポケカが中々買えず、再販されたパックを買うのに夢中になり、パック開封するだけでも楽しい時代でした。

それが「GX ウルトラシャイニー」の発売以降変わりました。

ポケモンセンターやカードショップに行けば、何かしらパックが置いてあります。

嬉しいはずなんですが、変な話いつでも買えてしまうことに違和感を感じていました。

全部のパックがいつでも買えるわけではないですが、何も買えない頃と比べると購買欲は明らかに低下したと思います。

この時期に「仲間内で楽しむ」「競技として大会に参加」などパック購入以外で楽しみ方を見つけることができたか?

そこが続行か引退への分かれ目だったのではないでしょうか?

今後のポケカ界隈の流れ

最近、Twitterのタイムラインを見ていると「フォロワーさんと対戦しました」「初めてジムバトルに参加しました」など開封以外のTweetをよく見るようになりました。

その中で特に増えたのが「○○部作ったら参加する人いる?」「○○部を作るので参加しませんか?」という呼び掛け。

学校や職場でポケカする仲間がいればそれに越したことはないんですが、共通の処理を見つけるのは難しいからこういうときSNSは便利ですね。

今後のポケカ界隈は「仲間を作る」という流れが加速するのではないでしょうか?

仲間を作る場

Twitterでも仲間を作ることはできますが、1つ難点を挙げると場がオープンすぎるということ。

Twitterをやっている人の目的は様々なので、むやみやたらと誘えず慎重になってしまう。

そこでSlackを使って「ポケスタ」というチャットスペースを作りました。

※「ポケスタ」は当ブログ名の「ポケカはじめました」の略称です(ぼくだけが言ってる略称)

個人間で直接やり取りできますし、「○○部」という新しいチャンネル(スレッドみたいなもの)を作ることもできます。

ポケスタへ参加する

上のリンクから「ポケスタ」に参加できますので、「誰かと対戦したい」「チームを組んでみたい」という人はぜひ参加してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。